香典・供物・供花

香典について

香典の表書き

香典について

香典は、相手の宗教に合わせた不祝儀袋に包みます。
表書きは、仏式では「御香典」「御香料」、
神式は「御神前」「御玉串料」「御榊料」、
キリスト教では「御花料」「御ミサ料(カトリック)」です。
わからない場合は「御霊前」とします。
楷書で、名前はフルネームで書きましょう。
名前は三名以内ならば連名でかまいませんが、
それ以上のときは代表者の氏名の横に「外一同」と書き添え、
全員の名前は別紙に記入し不祝儀袋に同封します。

香典を贈るときのマナー

通夜か告別式のいずれかに参列する際、ふくさに包んで持参します。
受付でふくさから取り出し、香典を先方に向けて差し出します。
通夜の場合、受付がなければ拝礼のときに霊前に供えるか、
遺族に直接手渡すようにしましょう。

香典の金額

ご家族 50,000~100,000円
ご親族 10,000~30,000円
その他親戚 10,000~20,000円
職場・取引先関係 5,000~10,000円
勤務先社員家族 3,000~5,000円
友人関係 5,000円
隣人 3,000~5,000円

宗派による焼香の違い

供物・供花について

供物・供花は地域によっても異なりますが、
一般的に喪家と関係が深い場合に贈ることが多いようです。
供物は、線香、ろうそく、故人の好きだったもの等ありますが、
宗教によってしきたりがありますので、
喪家に問い合わせるか現金を贈るほうが無難でしょう。
供花には、花輪や生花を贈ります。
一般的に花輪は会社や団体が、
生花は親族や友人が贈ることが多いようです。
いずれにしても、葬儀を取り仕切っている葬儀社に問い合わせて、
手配を依頼すれば安心かと思われます。