お盆とお彼岸

お盆の迎え方

お盆の迎え方

一般にお盆の時期は7月13日の「お盆の入り」から、
16日の「お盆明け」までの4日間をいいます。
1ヶ月遅れで8月にお盆の行事を行うことも多くあります。
どちらにしてもお盆を始めるのはそれぞれ月の13日であり、
この日の夜には先祖の霊が迷わないように迎え火をたきます。
16日の夕方には迎え火をたいた場所で送り火をたき、
霊を送り出します。
また、人が亡くなったあと初めて迎えるお盆は「新盆」または
「初盆」といい、丁寧に供養します。
忌明け前にお盆を迎える場合には、翌年が新盆となります。

お彼岸について

お彼岸について

春・秋ともに中日(春は春分の日、秋は秋分の日)を
挟んだ前後3日ずつを合わせた7日間が
「彼岸会」の時期になります。
お彼岸にはお盆のような特に決められた行事や
飾り付けはありませんが、各寺院では彼岸法要が
営まれ、御骨が納められているお墓にお参りする
習慣があります。

また、仏壇をきれいに掃除して、ぼたもち
(秋にお供えする場合はおはぎ)などを作って
新しい花と一緒に仏壇に供えます。

お彼岸の期間

お彼岸について