もしもの時は…

もしもの時にするべきこと

もしもの時

JA葬祭では、いつでも、どこでも
宮崎県内全市町村で皆様のお世話をさせていただきます。
ご連絡を頂き次第、お迎えに参ります。

また、お葬儀では
必ず起きてしまうその時のために
事前に心の準備を行っておくことが大切です。

県内各プリエール・ピースフルのご紹介

危篤の連絡を受けたら…

もしもの時

親族や知人の危篤の知らせを受けたら、
意識のあるうちにひと目だけでも、
とのご家族からの思いですので、
できるだけ早く駆けつけましょう。

知らせを受けたら、どこへ行けばよいか
しっかりと確認しましょう。
その際の服装は普段着で構いませんが、
派手な服装やカジュアルすぎる服装は避けましょう。

訃報を聞いたら…

もしもの時

近親者であれば、どこへ行けばよいのか確認し、
喪服を準備して地味な平服ですぐに駆けつけましょう。
友人・知人の場合は通夜や葬儀の日程、場所などを確認し、
通夜に弔問します。
もし、ご遺族から直接連絡を受けたのであれば、
ご遺族が対面を望んでいるものと受けとめ、
できる限り早く駆けつけましょう。

故人との対面を求められたら…

もしもの時

故人と親しかった場合、遺族から対面を求められることがあります。
すすめられたら
「お別れさせていただきます」
「拝顔させていただきます」などの挨拶をして、
謹んで対面しましょう。
遺族が顔を覆う白布をはずしてくれたら、
のぞくように顔を見て、深く一礼します。合掌して冥福を祈り、
遺族にも一礼して下がります。
この時、死因や病気のことについての質問などは慎み、
「きれいなお顔ですね」といった遺族をいたわる言葉を
述べるように心掛けましょう。

弔問できない場合

もしもの時

・弔電を打つ。
・お悔やみ状を送る。
・香典を郵送する。(お悔やみ状を添える)

【弔電の文例】
○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、
心からご冥福をお祈り申し上げます。
※できれば、後日弔問に伺いましょう。