湯灌の儀式

湯灌の意義

宗教儀式としての必要性

本来、「湯灌」とは故人様のご逝去に際しその家族、親族が集まって、
浴槽に逆湯をはり皆の温かい手でその体を洗い清めるという儀式です。

現世での悩み、苦しみ、煩悩といった汚れをきれいに洗い流したうえ、
極楽浄土への見繕いをととのえてさしあげ、ご成仏できるよう祈りを
こめて送り出してあげる精神性の高い儀式です。

戦前までは全国の家庭にて普通に執り行われていた儀式でしたが、
高度経済成長期以降においては家族の核家族化、住宅事情の変化、生活習慣の簡素化、
その他の事情により病院での死後の遺体処置(アルコール綿花処置)が「湯灌」であると
誤解される風潮になってまいりました。

しかし、本来の「湯灌」とはまったく別ものなのです。
見栄え優先主義の反省から、「心」が問われる現在の葬儀ですが、
ご葬家の喪の「心」が原点であります「湯灌」こそ、これからの葬儀式では
最重要なもののひとつに数えられるでしょう。

ご遺体の衛生保護手段としての必要性

ご遺体は、死亡後しばらくすると腐敗がはじまります。
悪臭はもちろん体液漏れや出血も非常に起こりやすくなります。(しかも当然汚れます)
また、身体も冷たく硬直しはじめ、変色とともに皮膚も弱くなってきます。
これらは何ら不自然なことではなく、人間が亡くなることに際して
当然起こるごく自然な現象です。

しかし、ご葬儀の間これらを放置することは、故人にとりましても
不本意なことでありますでしょうし、ご家族にとりましても深い悲しみの中、
さらにつらいことでしょう。

「湯灌」を行うサービススタッフは、「湯灌」の儀式の前後において、
技術的に可能な範囲にて適切な処置を行います。
やはり、最後のお別れは、故人様にもご家族様にも美しく、
人間として尊厳あるお別れをしていただきたいものです。

「最後のお風呂」としての必要性

病院等でしばらくお風呂に入っておられない場合は、
特に「湯灌」が喜ばれます。

日本人の生活習慣、文化、清潔感の中において「お風呂」は格別の位置付けにあります。
ただ単に体を洗うと言うだけではなく、時にはストレス解消の手段となり、
時には人と人とのふれあいの場となり、
あるいは病気やケガの治療の場となったりと様々です。

温泉場や銭湯などに多くの人が集まり、
お金を支払い、歓んでお風呂につかるのが日本人です。
とにかく、「お湯をつかう」という行為が格別の意味を持ち、
心を和やかにさせるようです。

一日のお疲れをとるのもお風呂です。
一生の疲れをとるのもお風呂ではないでしょうか。

故人をお風呂に入れてあげて、送り出してあげるのは
残された方のつとめではないでしょうか。

我が国で古来より受け継がれてきた喪の儀式「湯灌」は
非常に意義高いものと言えるでしょう。
大変ご苦労して長い人生を歩んで来られました故人様に、
「最後のお風呂」ぜひいれてあげてください。

湯灌の儀式

湯灌の準備
イメージ
湯灌車・スタッフ到着・機材セット・お身体の硬直を解きます
逆さ水の儀式
イメージ
ご家族の皆様にて逆さ水をかけていただきます
ご洗髪
イメージ
シャンプー・リンス・顔剃り・髭剃り・洗顔
ご洗体
イメージ
ボディシャンプー・ご洗浄・お拭き上げ
身支度
イメージ
整髪・薄化粧・お着替え・旅支度
ご納棺
イメージ
ご家族の皆様によるご納棺(スタッフの進行・お手伝い)

儀式の所要時間は、準備から終了まで一時間と少々かかります。

ご要望等ございましたら、なんなりとお申し付けください。故人様の安らかなるご冥福を祈念致しております。