弔事の装い

通夜に参列するとき

職場から通夜に駆けつけるときなどは、職場の服装のままでも、
きちんとした服装ならば問題はありません。
以前は、正式な喪服を通夜に着て行くことが失礼にあたるとされていましたが、
最近では一般弔問客も喪服を着ることは少なくありません。

男性の場合
イメージ
基本的にはブラックスーツか、
濃紺や濃いグレーなどの地味な
ダークスーツを着用します。
シャツは白無地で、光沢があるものは
避けます。
スーツはシングルでもダブルでも
構いません。
ネクタイや靴、靴下は
黒がよいでしょう。
女性の場合
イメージ
紺やグレーの地味なワンピースもしく
はスーツが一般的です。
色合いが地味でも、派手なデザインや
光沢のある素材のものは避けましょう。
靴やバッグは黒で、派手な金具などの
付いていないものを選びます。
喪服を着る場合はストッキングを肌色
にするなど、完璧な喪の装いに
ならないようにします。

葬儀に参列するとき

葬儀には、地味なものであればいわゆる喪服でなくてもよい、というのが原則です。
本来、喪服は喪に服する人、つまり遺族や近親者のみが着るものです。
しかし現在では一般弔問客も、故人に対する礼儀として着用するようになっています。

男性の場合
イメージ
現在はブラックスーツが一般的です。
白無地のワイシャツ以外は全て黒を
着用します。
本来は略礼装とされるブラックスーツ
ですが、礼装としても通用するほど
最近では広く着用されています。
女性の場合
イメージ
上下黒のスーツ、アンサンブル、
ワンピースなど。
基本的にアクセサリーは結婚指輪以外
つけないのが正式です。
つけるとしたら真珠の一連の
ネックレス、イヤリングなどいずれか
一種類はつけてよいとされています。
髪もできるだけシンプルにまとめ、
化粧も控えめにしましょう。