葬儀後の法要

法要について

お清めの塩 イメージ

死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う
儀式が法要(法事)です。
一周忌までの法要の中で最も重要な法要となる四十九日は
「満中陰」といい、近親者や友人、知人など大勢の人に
出席を依頼して行います。
また、年忌法要は死亡した同月同日の命日、
もしくは命日に近い日(命日以前)に行う法要です。
死亡した翌年に行うのが一周忌で、大勢の人を招きますが、
三回忌からは次第に近親者だけに人数を絞っていきます。

葬儀後の主な法要(仏式)

初七日 しょなぬか
(しょしちにち)
死後7日目(死亡日を含む)
※火葬後の遺骨迎えとあわせて行うことが多い
二七日 ふたなぬか
(にしちにち)
死後14日目
三七日 みなぬか
(さんしちにち)
死後21日目
四七日 よなぬか
(ししちにち)
死後28日目
五七日 (三十五日)
いつなぬか (ごしちにち)
(さんじゅうごにち)
死後35日目
※忌明けの法要を行うこともある
六七日 むなぬか
(ろくしちにち)
死後42日目
※省略されることが多い
七七日 (四十九日)
なななぬか (しちしちにち)
(しじゅうくにち)
死後49日目
※忌明けの法要を行う。
(満中陰ともいう)
百か日 ひゃっかにち 死後100日目
一周忌 いっしゅうき 死後1年目
※以降は祥月明日に法要を行う
三回忌 さんかいき 死亡年を含めて三年目(死後満2年目)
七回忌 しちかいき 死亡年を含めて7年目
十三回忌
じゅうさんかいき
死亡年を含めて13年目
十七回忌
じゅうしちかいき
死亡年を含めて17年目
二十三回忌
にじゅうさんかいき
死亡年を含めて23年目
二十七回忌
にじゅうしちかいき
死亡年を含めて27年目
三十三回忌
さんじゅうさんかいき
死亡年を含めて33年目
※弔い上げとすることが多い
五十回忌
ごじゅっかいき
死亡年を含めて50年目
百回忌
ひゃっかいき
死亡年を含めて100年目