拝礼のマナー

抹香・焼香のマナー

右手の親指と人さし指、中指の3本で抹香をつまみ、額におしいただいてから香炉に落とします。
一般的には焼香と従香の2回とされますが、参列者が多い場合は1回でも構いません。

  • 遺影に一礼し、
    右手の3本の指で
    香をつまむ。
    数珠を持っているときは
    左手にかける。
  • 頭を軽く下げて、
    香をつまんだまま
    額におしいただく。
  • 静かに香を香炉に落とす。
    同じように二度目の焼香
    (従香)をする。
  • 遺影に向かって合掌し、
    冥福を祈る。
    遺族と僧侶に
    一礼して下がる。

宗派による焼香の違い

仏教では宗派により多少違いはありますが、焼香は必ず行われます。
参考までに、宗派別のお焼香の作法は次のとおりとなっています。

天台宗 1回又は3回
真言宗 3回
臨済宗 1回
曹洞宗 2回(1回目は額におしいただき、
2回目はいただかずに焼香)
浄土宗 特にこだわらず
浄土真宗本願寺派 1回(額におしいただかずに)
真宗大谷派 2回(額におしいただかずに)
日蓮宗 1回又は3回
日蓮正宗 3回

焼香後は静かに合掌し、僧侶、遺族に一礼して席にもどります。
お焼香のタイミングや作法はお寺さんや、葬儀社の担当者から説明がありますので、 心配はいりません。

数珠のマナー

数珠のマナー