葬儀・告別式から帰ったら

お清めの塩

お清めの塩 イメージ

通夜や告別式から戻ったら、玄関に入る前に塩を胸元、
背中、足もとにかけます。
宗教や個人によっては死をけがれと考えない場合もあり、
最近では会葬礼状に清めの塩を添えない場合もあります。

精進落とし

精進落としの席次(例)

精進落としは、僧侶や世話役などの
労をねぎらう意味でもてなすために、
喪家側が設ける会食の席です。
僧侶には最上席に座ってもらいますが、
辞退した場合には「御膳料」を渡します。
また、これとは別に僧侶が出席した場合にも
「御車代」を包みます。
精進落としは本来、四十九日忌の忌明けに
行うものですが、現在では葬儀の当日に
行われることが多くなっています。

訃報をあとで知ったとき

葬儀の後訃報を知った時は、まず電話や手紙でお悔やみの言葉を伝え、
先方に都合を聞いてなるべく早く弔問に伺います。
その際には香典や供物を持参します。
ただし、遺族があえて知らせず、内輪で葬儀をすませていることもありますので、
その場合は弔問に伺うのは遠慮した方がいいでしょう。